前へ
次へ

休肝日を作るとお酒と長く付き合えるようになる

食べ物の中には毒性のものが含まれるときがあり、それを摂取したりすると死に至ったり麻痺などが起こるものは特に毒性が強いとして避けられます。
一方体に解毒作用が備わっているものなら摂取しても体に異常は発生しないこともあります。
毒キノコなどは毒が解毒できないので危険とされています。
お酒も実は毒の一つですが、こちらは一応解毒ができるので大量に飲まない限りには死に至ることはありません。
その解毒をしているのが肝臓で、体に入ってくるとどんどん解毒をして体に異常が発生しないようにしてくれます。
人によって異なりますが解毒時間に48時間ほどかかると言われています。
そこで休肝日を設けるようにしてみましょう。
ある日にお酒を飲んだら2日飲まない日を作ります。
肝臓がお酒を無毒化してくれる期間お酒を入れなければ肝臓の負担が減ります。
一方毎日のように飲むと常に肝臓に負担がかかり肝炎になりやすくなります。
お酒と長く付き合いたいなら休肝日を設けましょう。

安心できる歯科医療をお届けする永山の歯医者

守山区の地域を支える歯医者さん

周囲の目を気にせず歯の治療相談
患者様が安心して歯に関するお悩みを相談できるよう左京山歯科クリニックでは完全個室にてカウンセリングを行っています。

治療器具の徹底した減菌にこだわる歯医者

歯ぐきのお悩みは久喜市のさくら歯科クリニックまで

Page Top