前へ
次へ

今更禁煙しても健康にならないと考えるか

喫煙ができる年齢は20歳からで、20歳になったときに煙草を始める人もいるでしょう。
どれくらい吸うかは人によって異なり、1日数本から一箱程度の人もいれば二箱、それ以上のヘビースモーカーもいます。
煙草によって有害物質の量が異なるので一概には言えませんが、たくさん吸えばその分体への悪影響も出やすくなります。
医療機関などでは禁煙を勧められることもあるでしょうが、一本でも吸えばそれなりに悪影響がありそれは一生亡くならないと言われるときもあります。
何年も何十年もヘビースモーカーの人だと今更禁煙をしても無駄と考える人もいるかもしれません。
しかし現実には1日でも早く辞めれば体への影響も変わるとされます。
喫煙が悪影響になるのはまずは有害物質の影響です。
体に蓄積するものもあるので、これはやめたからと言ってすぐに体内からなくなりません。
でも喫煙をしない期間を作れば次第に改善される可能性があります。
禁煙の効果が出やすいのは酸素や栄養分が行きわたりやすくなる点でしょう。
こちらはやめて数日でもいい効果が出始めます。

Page Top